会長メッセージ

会員の皆様へ

会員の皆様、こんにちは。このたび、異文化コミュニケーション学会(SIETAR JAPAN)の会長に就任することになりました浅井亜紀子と申します。2006年度から2年間会員関係委員長を務め、2009年度から2012年度まで町惠理子会長の補佐として運営に務めて参りました。

私の異文化コミュニケーションの歩みをふりかえると、SIETAR JAPANとの関連なしには考えられません。大学卒業後勤務していた富士ゼロックスで、異文化トレーニングを受けたのが異文化コミュニケーションとの出会いでした。英米文学科を出て社内の翻訳を担う中、アメリカ人のネイティブから「英語ではそう表現しない」といわれる毎日でした。言語をそのまま訳していても伝わらないのです。翻訳の壁にぶつかっていたときに、富士ゼロックスの海外駐在員のための異文化トレーニングを受け衝撃を受けました。異文化トレーニングの先駆者の一人のダイアン・ホフナー・サファイア氏らによるワークショップでしたが、まず対話や体験を重視した参加型スタイルに驚きました。そしてコミュニケーションは言語だけでなく文化の影響を考えなければならないと学んだときは目から鱗でした。コミュニケーションと文化をテーマに勉強したいという思いは強まり、SIETAR JAPANの設立者の一人である荒木晶子先生の助言を得て1988年から1990年までアメリカサンフランシスコ州立大学に留学、バーンランド教授のもと学びました。帰国して林吉郎先生が会長務めるSIETARでプログラムを担当させていただき、青山学院の林研究室でSC会議を持っていたことをなつかしく思い出します。その後、子育てでしばらくSIETARを離れていましたが、その間に、SIETARは異文化コミュニケーション学会として生まれ変わりました。

私が2000年から社会人としてお茶の水女子大学の博士課程で学び、学問のパラダイムシフトと共に文化の捉え方や研究方法が大きく変わりつつあること知りました。従来は、文化を一様なものとして想定し文化の特徴を明らかにしたり、比較したりする研究が主流でした。しかし、それではグローバリゼーションの進行による文化内の多様性や複雑性や変化の現実を軽視することになるという警告が発せられました。またアメリカを中心とするコミュニケーション学は、西欧の理論枠組みが中心になっており、アジアなどそれ以外の地域からの理論提唱の必要性も訴えられるようになりました。しかし、文化やコミュニケーションの捉え方が変化していても、異文化コミュニケーションの重要性はますます増しています。むしろ、社会の変化と共に、異文化コミュニケーション学会の進むべき方向性も再定義を求められていると考えるべきでしょう。

私が異文化コミュニケーション学会に求められている使命は少なくとも3つあると認識しています。一つは、異文化コミュニケーションの理解を現場中心の中で進め、問題解決を促していくことです。「現場中心」の理解というのは、現場で起こっている現象や問題を、コンテキストの中で忠実に理解しようと努めることです。既存の理論や概念を使うことも重要かつ効率的でありますが、時として理解のしかたを歪めてしまう恐れがあります。本当の異文化の問題解決には現実に忠実に向かいあうことが大事だと思います。

第二に、歴史や社会システムといったマクロレベルの文化への影響の理解を深めることです。大学生に異文化コミュニケーションを教えていて痛感させられるのが、日本や諸外国の歴史についての理解が驚くほど浅いということです。日本の歴史とくにアジア諸国の歴史教育の弱さは異文化間理解の重大な欠陥だと思います。異文化の人を理解するということは、習慣や価値観の違いだけでなく、その人々が生まれた国の歴史や国際情勢といったより広い視野からの理解が必要だと思います。

第三の使命は、異文化の人と今同じ時代に同じ地球という空間に住んでいること、互に協力をしてこそサバイバルでき、共に未来をつくっていけるという「地球市民」としての意識の向上に貢献していくことです。異なる文化への気づきと、地球市民としての意識向上と、どちらをどのように教育していくかということを考えていく必要があると思います。

異文化コミュニケーション学会の強みは、異文化に関する理論的探求に加えて、それを教育や仕事に生かす実践についての豊かな情報交換の場となっていることです。この強みを生かしながら、SIETAR JAPANが異文化コミュニケーション領域の問題解決に貢献できることを願っています。そのために、私自身も全力で、SCのメンバー、会員の方々、そして、学会外の関心を同じくする人たちとのコミュニケーションを図り、目標達成のための努力をしていきたいと思います。皆様のご支援とご協力をどうぞよろしくお願い致します。

浅井亜紀子 異文化コミュニケーション学会会長


Konnichiwa!

I would like to extend my warmest greetings to you and share my feelings and thoughts as the newly-elected President of SIETAR Japan. I have had the honor to support President Eriko Machi as Vice President from 2009 to 2012, after working as Internal Director from 2006 to 2008.

When thinking about my career in this field, it is impossible to begin without mentioning the relationships with SIETAR JAPAN members. After graduating University as an English and American Literature major, I worked for Fuji Xerox as a translator dealing with in-house documents and manuals from Japanese to English. It was hard for me, as a person who was born in Japan, and educated in Japanese schools, to translate the Japanese engineers' documents into English. My English was always heavily rewritten in red by a native speaker of English. At the time, I sensed that the problem was not only the language but something behind it. The first time that I heard the words "intercultural communication" was when I joined a workshop provided by Fuji Xerox for representatives overseas. The coach was Dianne Hofner Saphiere, one of the pioneer intercultural trainers. It was an extremely provocative and interesting experience for me because the workshop was very learner-centered, in an experiential style with a lot of interactions among participants and trainers. I wanted to learn more about communication and culture, and I was able to contact Shoko Araki, one of the founders of SIETAR JAPAN, who kindly introduced me to Dr. Dean Barnlund at San Francisco State University. After finishing my MA at SFSU, I joined SIETAR JAPAN, back when Dr. Kichiro Hayashi was leading the organization as President. It was very enjoyable to have discussions with the Steering Committee members at Dr. Hayashi's office at Aoyama Gakuin University.

The field of intercultural communication has continued to gain importance, but we also recognize some new tendencies and criticism. Since I resumed my studies, this time at the doctoral course in Psychology of Ochanomizu University in 2000, I have learned about the paradigm shift in the field of social studies and humanities. When I studied Speech Communication in the 1980's, culture was considered to be contained within the boundaries of a nation. Each culture was thought to have unique characteristics, which could be differentiated from others and quantitative research methods were mainly used to examine the unique characteristics of each culture. However today, due to the progress of globalization, we cannot ignore diversity and complexity within a culture, and qualitative analysis becomes more important than before to examine such variety within a culture. Intercultural communication used to mean communication between people of different cultures, which often meant different nations, but more and more frequently now means different subgroups within a culture.

In addition, there has been criticism that communication theories are produced in Western countries and then applied to non-Western cultures. Demand for theories based on the reality of the local field has justifiably grown. By increasing recognition of such new ways of understanding cultures, we must redefine our mission as the leading organization for intercultural communication. I would like to present three missions I would like to pursue as President of SIETAR JAPAN.

First, it is important to understand culture locally. By "locally" I mean that we need to understand reality as it is understood by its participants, rather than borrowing our predecessors' theories and conceptions. I think it is important to understand the "local" reality of intercultural contacts rather than using prepared theories, and apply this understanding to solve problems within the actual context.

Second, it is important to promote understanding of culture at a macro level. Our life is impacted by culture in so many ways, and influenced by our history as well as the present social systems. I am always astonished to find that my university students lack knowledge of the modern history of Japan, especially our history with our neighboring countries. Understanding different people of different cultures is based on the knowledge of history and its larger social context.

Third, it is vital to find a way to increase recognition of global citizenship, which is the consciousness that we live in the same space of the earth in the same time period and we need each other's cooperation to survive together. I think it is most effective to increase awareness as global citizenship before beginning to teach differences of different cultures.

The strength of SIETAR JAPAN is the practical application of theories and practical skills to training and education. In order to further promote the above three missions based on our accumulated experiences, I would like to cooperate together with other SC members and SIETAR members as well as the outside individuals and groups, who have the same vision as our SIETAR JAPAN.

Akiko Asai, President of SIETAR JAPAN

←戻る